ブログの書き方

ブログの書き方①1つの記事、1テーマを意識してみる

更新日:

スポンサードリンク

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3

私がワードプレスにでブログを書きだしておよそ5カ月が経ちました。その間なるべく毎日更新をするように心がけています。(まぁ実際はたま~にお休みをしていますが(^^;)

元々のブログ歴は意外と長くてたぶん7年くらい前からブログはちょこちょこ書いていました。アメブロだったりFC2だったり…でも毎日更新は全然していなくて気が向いたときに書くくらいのスタンス。

なのでこんなに頻繁にブログを更新するのは実は初めてなんです(笑)今回は飽きっぽい私が5ヶ月コンスタントにブログ更新を続けられたコツを書こうと思います。

スポンサードリンク

意外と時間かけてます

私はブログ作成に結構時間がかかるタイプで1記事1000文字(毎回超えてますが…)書くのに1時間はかかってます(^^;だいたい1000文字書けたらもう終わろうと毎回思ってます。本当は時間かけずにもっとサクッと書きたいんですけどね~

文章や書きだしに詰まったことはないんですが、あーでもない、こーでもない、といろいろ考えて書き足したり画像やリンク貼ったりするうちに1時間は超えてしまうんです。そしてスマホではなくてパソコンで書いてます。なんだかんだでスマホよりパソコンの方が早くてスムーズなので。

よって子供と同じ空間ではとても書けないので台所でリビングの子供の様子を見ながら昼間こっそり書くか、夜に子供が寝静まった後に個室で籠って書きます。子供をあやしながらスマホで書く、なんて器用な事は私にはできません。静かな場所で自分一人の世界にならないとなかなか集中できません。だからブログ書く行為は私にとって息抜きになっています。

スポンサードリンク

1つの記事、1テーマを意識する

私がブログを書くときに特に意識しているのは1つの記事1テーマ。(これはたのぶろ。さんの受け売りです。この人のブログの書き方の記事は参考になります!)

ブログってだいだい今の瞬間に書きたい事を自由きままに書く場合が多いと思いますが、それだと日数が経って見返したときに価値のあるブログなのかどうかが怪しくなってくるんです。

子供がこのように遊んだ、成長した、って記事が毎日のようにタラタラと更新されたとします。それを後で見返して「この情報は役立つなぁ、すごいなぁ」って感心するのはそれを書いた本人か身内ぐらいで、赤の他人は人の子供の成長に興味はないと思うんですよね(^^;あっもしかして「ネット上の他人の子供の成長をめっちゃ気になる!」って人は世の中にいるかもしれませんが、少なくとも私はミジンも興味ないっす。

でもその記事に一貫したテーマがあれば価値は出てきます。例えば「誕生日にこんな事をした」と料理、飾りつけ、イベントなど用意したものを紹介するとか、「離乳食に苦労したけどこのようなメニューだと食べてくれた」とか。

特に私のように瞬間的なアクセス数を見込めない弱小ブログは記事の内容にテーマと結論か解決方法まで導かないとアクセス数は見込めないんだろうな、って思ってます。とは言え、結構好き勝手に書いてるんですけどね(^^;

さいごに

そんなこんなで今回の記事ももう1000文字を超えてしまいました。他にもブログを書くときに気を付けている事がいろいろあるのでそれはまた次回に書きます。

スポンサードリンク

-ブログの書き方

Copyright© 雑記帳 , 2020 AllRights Reserved.