未分類

大人になってからの友達関係の推移

更新日:

%e5%8f%8b%e9%81%94

学生時代と違って大人になってから友達を作るのって難しいですよね。職場の人って仲良くなっても友達?っていうのとちょっと違うような気がするし、その職場を辞めたら疎遠になる可能性高いし。今回は友達関係について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

昔から仲良し♡地元民は最強説

私は地元から離れた人間なので、地元の友達と子供や家族ぐるみで仲良くしている人を見ると少し羨ましく感じます。そりゃ狭い人間関係だから一度トラブったら気まずいし、いろいろ思うところもあるだろうけど単純に羨ましい。

だって昔から知ってる友達だもん、大人になってから出会う友達よりも気は遣わなくて済むでしょ。地元だから実家の住所から親の顔までわかるし、身元がわかっているという安心感。都会だと隣の人がどんな人間か知らないのも普通なので…(^^;

地元だと身バレしてる上に噂が回るのも早いので軽はずみな裏切り行為もあまりなさそうな気がします。狭い世界特有の縛りが秩序を保っているようにも見える。この閉鎖的な世界を息苦しく感じるタイプは地元に残っちゃダメです。

まぁ私はどちらかというとそーゆーのが苦手なタイプなので地元を出たわけだけど…。でも地元の友達が一番ホッとします。

独身の友達と疎遠になったタイミング

学生時代の友達って本当にいいですよね。でも結婚して子供が産まれるとどこかで疎遠になるときが来ます。よっぽど趣味が合うか気が合うか共通点がない限り、自分の立場や状況によって友達とのつながりは変わってきます。

私の場合、結婚しても独身の友達と繋がっていました。でも出産した途端、疎遠になってしまいました…。これは地味にショックだったなぁ。

確かに仕事と趣味に邁進している女性と子育て中の専業主婦じゃ会話の共通点が全くありませんね((+_+))別に子供の話はしないけど向こうにしてみれば私の立場そのものが疎ましく感じてもおかしくありません。共通点がないと話す事もないので次第に関係も途切れていく…とまぁ当然ですよね。

でも一方、子供を持つ友達とはかなり深い話ができたりして関係性はどんどん深くなっていきます。このように女性の場合、結婚や出産の有無によって友達も変わっていくようです。

聞くところによると子育てが落ち着き、更年期が訪れる頃には独身、既婚、子持ちに関わらず共通の話題(更年期や老後の話?)ができて友達関係が復活しやすいらしいのです。でもそれまでに連絡自体が途絶えてしまいそうですけどね。

スポンサードリンク

親の友達で分析

じゃ自分の親(還暦近い)の友達はどんな友達か見ると、ほとんどママ友(私が小学校のときからの)でした。それもそこそこ家が近かったり、車ですぐに会える距離の人たちです。ママ友の実家自体が近いから今住んでる所が遠くても定期的に会う機会があるようです。

学生時代の友達は遠方なので年賀状の付き合いのみだそう。やっぱり地元のママ友って最強

独身の友達はいないそうです。唯一、共通の趣味を持つ独身の友達が一人いたけど次第に疎遠になっていったと。これはうちの夫にも似たような現象が起こっており、年賀状でつながっているのは親族と既婚者の友人ばかり。独身の友人はほぼいないんですよね…。

独身の友達はどこに行った?

独身の友達は一体どこへ行ってしまったのでしょう?おそらく独身の人は独身の人同士で楽しくやってるんでしょうね。今は独身の人も多いので、家族でなくても大勢で楽しめる機会はたくさんあります。家族を持たない分、お金も時間も自由なので自分の好きな事を存分に楽しめるはずです。

自分の立場や状況によって友達関係が消えたり新たに生まれたり。仕方ないけどそれが現実のようです。特に女性の場合はそれが顕著に現れます。無理のない範囲で友達を作っていきたいですね。

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.