未分類

子供は早くに産んだ方が良いと感じる理由

更新日:

赤ちゃん 後ろ姿

今回の記事は完全に私の雑感です。なかなか結婚の機会がない、不妊や子供を持つことが無理な状況にいる方はこの記事は読まないで下さい。

スポンサードリンク

どちらかというと…結婚してもなんとなく子供を持たないでいる、あえて子供を持たない人生を選んだって方向けの記事です。現に数年前までまさに私がそのような状況にいたので…。

私は20代中旬に結婚をして現在30代前半の子育て真っ盛りです。結婚は周りよりも早かったにも関わらず子供ができた年齢はわりと最近でした。その間はバイトしたり資格試験の勉強をしたり自分探し?をしてました(笑)

結局、何も身を結ぶ事がなく自分の人生、どうすればよいのか途方に暮れたところにポコっと子供ができたくれたわけで。もしあのまま子供ができなかったら今頃自分はどうなっていたのだろう?とゾッとします。

そしてそんなダラダラした生活を何年も続けさせてくれた夫には感謝しかありません。そんなダラダラ系の私が唯一後悔してる事があります。それはもっと早くに子供を産んどけば良かった。今回はなぜ私がそのように思うかを書きます。

子育ては体力勝負!

妊娠・出産は若い方が完全に有利で体力の回復も早いです。なかなか結婚の機会がない、不妊に原因がある場合は仕方がないと思いますが、早く産める環境があるのならばとにかく早めに子供を産んだ方が良いに決まってます。

なぜなら…子育てには体力がいるからです。育ててみてわかったのですが、子育ては本当に体力勝負です。

あと根気強さ?体力があまりない私は今の時点で結構ヒーヒー言ってます。もっと若い時期に産んでたらもっと余裕だったのに、って思わずにはいられません。まぁ若くに産むと精神的に幼い可能性もありますが(^^;

スポンサードリンク

早くに孫の顔を見せてあげればよかった

早くに子供を産めばよかったと感じる一番の理由はこれかも。親がこの数年の間でガクっと年とってきちゃったんですよね…。結婚してすぐに子供を産んでいれば親がもっと元気なうちに孫と接する事ができたのに…と帰省する度に考えてしまうんです。

子供がかわいい年齢はたぶん生まれてから10年間ほど。その濃密な10年間を親が健在な状態で過ごせるかどうかが怪しくなってきた。

あとはたぶん私が子供がいなかった時期はたぶん親も周りから「お孫さんは?」と針のむしろのように聞かれたはず。親の方はかなり精神的に苦しい時期を過ごしたのではないか、可哀想な事をしてしまったなぁ…と。

子育ての充実感

子育てをしていると本当に自分が鍛えられます。あんなに自分本位だった私が子供のためなら自分の欲望を我慢して努力をするようになりました。夫からも「まさか子供が産まれてこんなに働き者になるとは思わなかった!」とよく言われます。

子供は本当に手がかかります。可愛い、大変、可愛い、大変の繰り返し。今は可愛い20%、大変80%くらい?でもその20%で親は頑張れるものなんです。わけわからん自分探しをしていたときの100倍、今は達成感と充実感があります。苦しさもあるけど…。

子育てを通して自分も子供から育ててもらってるなぁ…とひしひしと感じています。しばらくは子育てに必死な日々を過ごすんだろうなぁ…(+_+)

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.