お出かけ

海水浴デビュー☆Wakaya津屋でランチ&片男波海水浴場に行ってきた!

更新日:

スポンサードリンク

ちょっと前の事になりますが、お盆で夫の実家に里帰りしたときにみんなで海水浴に行きました。私はどちらかというと山育ちなので夏と言えば川に行く事が多く、海の方はあまり行ってないんですよね~。

なので海水浴はけっこう新鮮でした('ω')大阪にいるとなかなか海水浴行こう!って気持ちにはなかなかならないので貴重な体験ででした。

今回、海水浴に行ったときの思い出と海水浴に持って行った方が良いものなどを書きたいと思います。

スポンサードリンク

ランチは新鮮なお魚定食♡

Wakaya津屋』和歌川漁業協同組合の建物を改装した建物らしく、和歌浦近くでは地元民に人気の定食屋さんのようです。新鮮なお魚が食べる事ができます。

店舗情報

場所:和歌山県和歌山市和歌浦東2-6-2

和歌山バス 和歌浦バス停すぐ。紀三井寺駅から1,417m

営業時間:11:00~14:30、17:30~22:00

定休日:月曜日、火曜日の夜

バスでも行ける距離ですが、駐車場もあるので車で行くのがベストですね。うちは11時開店同時に入りました。気づいたら他の席もけっこう埋まっていました。

店内は土足禁止のため、下駄箱に靴を入れて入ります。中はちょっと変わっていて、食べる場所が一番奥にあり、厨房の横の細い通路を通ってから奥の部屋まで行きます。

内装はレトロな感じですごくオシャレです!私はこんな感じのお店が大好きなのでつい写真を撮ってしまいました。ランプも椅子も昭和レトロな感じですごい可愛いんですよ~(*''▽'')これは好きな人にはたまらないお店だと思います。

メニューの選び方

【基本のご飯セット】

ごはん(3杯までOK)、豚汁、自家製のつくだ煮・にくみそ・浅漬けの基本のごはんセット…540円

それにおかずを選んでいくスタイルです。

ご飯は釜戸炊きでふわふわ。店内は薪のいい匂いがします。キャンプの香り♪

テーブルに置かれた味付け海苔は食べ放題で子供が大喜びでした(*'ω'*)

夫はカレイの煮つけ(580円位だったと思う)をチョイス。ご飯セットと合わせて1120円の定食の完成♪

私はカマスの塩焼き(380円)をチョイスしたの920円の定食です♪ご飯のおかずも美味しいし、カマスもふわふわですごく美味しかったです!さすがお魚で有名な定食屋さんです(*'▽')

おかずの種類が多い!

メインのおかずはお刺身などの魚料理だけなく、唐揚げやフライなどの揚げ物まであって迷うぐらいあります。ふろふき大根やひじき煮、肉じゃが、ポテサラなどのおばんざいもあるので自分が食べたい定食を作る事もできますね♪

隣の席のお客さんは基本のご飯セットをそれぞれ頼んで、お刺身や唐揚げなどをたくさん頼んでみんなでシェアして食べていましたよ。

子供には1人ずつだし巻き卵を頼んで、大人のご飯とお魚をシェアしました。だし巻き卵もふわふわであっという間に完食!普段、ご飯を残しがちな子供もご飯とお魚をパクパク食べていました。

子連れでも入りやすい

うちは1歳と3歳を連れてお店に入りました。テーブル席なのでどうかな?って思ってたけど、お店に子供用の椅子があったので良かったです(*'ω'*)ベルトもついていたので動き回る1歳児も安心でした♪

うちの他にも赤ちゃん連れの家族も来ていたので、子連れでも入りやすいお店だと思います。

また、店内にオムツ替えスペースもありました。オムツを替えたいときはスタッフさんに声をかけると案内してもらえます。オムツ替えスペースって言ってもトイレにあるのではなく、個室に畳が敷かれた場所にあります。このようなスペースがあるのは助かりますね。

子供メニューもあり

うちは頼まなかったのですが、子供用のメニューもありました。

【幼児セット】

白飯、豚汁…350円

大人と同様に基本のおかずはさらに選ぶ方式です。あまり食べない子供の場合は大人のおかずを取り分けても良いかもしれませんね。

片男波海水浴場へGO!

詳細情報

住所:和歌山県和歌山市和歌浦南

アクセス:①JR和歌山駅からバスで30分(不老橋下車徒歩約10分)②南海和歌山市駅からバスで25分(不老橋下車徒歩約10分)③阪和自動車道和歌山ICから車で

駐車料金:7・8月は1日1,000円 ※それ以外は1日500円)

片男波海水浴場は「快水浴場百選」の海の部の特選に選ばれていて、砂浜の長さは1.2kmあるようです。砂浜もキレイでたくさん人が来てるのに混んでなくて自由に泳げます。駐車場も横に広がっていて、すぐに海にアクセスできるのも便利いいですね。

便利な施設が揃ってる

海水浴場には海の家もあり、軽食、浮き輪なども売ってます。

日よけテントを忘れた人は日よけパラソルもレンタルする事もできます。(パラソルレンタル:2000円払ってパラソルを返すときに1000円返却されます)今は簡単な折りたたみテントを持参するのが一般的なようですね。

折りたたみテントは日差しを避けるだけでなく、着替えをしたり赤ちゃんのオムツ替えもできるので、家に1つあると便利です。

↓これがめっちゃ売れてるっぽい

 

海水浴場にはトイレ、ロッカー(有料)、シャワー(有料)などもあるので、そこで着替える事ができます。

うちは子供も小さいし、特にシャワー棟には行きませんでした。

長女は昼ご飯を食べたお店のオムツ替えスペースで、次女はパパっとパラソル下で着替えをしました。(夫は海パンだけなのでバスタオルを腰に巻いてその場で…←男の人はラクでいいですね(;'∀')

私は水着を持って行かなかったので、海に足だけ浸かるレベルでした(;^ω^)子供がもう少し大きくなってもっとお世話が楽になったら私も泳ごうかな♪

海に行くときの荷物

冷たいお茶、コップ(人数分)、レジャーシート、日よけテント、日焼け止め、水着、サンダル、帽子、タオル、バスタオル、浮き輪、お砂場セット、カメラ、ビニール袋など

日差しが思ったよりも強いので帽子と日焼け止めはあった方が良いです。特に夫は日焼け止めを塗ってなかったので背中が真っ赤に!

靴に砂が結構入るので靴よりもサンダルの方がいいですね。でもサンダルにも砂はつくので海に入るときはだいたい裸足です。足についた砂を取るためにサンダルで海に入ったら水でかえって砂がべったりついたので、足の砂を払うにはシャワー室に行くのが一番です。

あと子連れだとビニール袋があると何かと便利です。

例えば、濡れた水着を入れる、汚れた服を入れる、子供が吐いた時のゲロ袋として、ゴミを入れる、子供が脱いだ靴を入れる、とりあえず細々した荷物をまとめて入れる…など『あ~ビニール袋があればいいのに~』ってシーンがとにかく多い。なので最近ではリュックやカバンに必ず大きいビニール袋や小さいビニール袋を何個か入れるようにしています。軽し、そんなにかさばらないしね(;^ω^)

子供は海に大はしゃぎ!

子供達にとっては初めての海です。長女は浮き輪を使って海でずっと泳いでいました。波がほどよくあって水もそんなに冷たくないのがいいですね。

次女は海が怖かったみたいで砂浜で貝殻を拾ったり、砂場遊びをしているお姉さん達の遊びに混ぜてもらったりしてました(*'ω'*)お砂場セットを持ってくるべきだったかなぁ…(;'∀')次女は思った以上に砂場遊びに没頭してました。

スポンサードリンク

さいごに

久しぶりの海、思った以上に楽しかったです。そーいや、海ってプールに比べてお金がかからないんですよね。簡易テントや飲み物や食べ物をを持参すれば、駐車料金とロッカー代とシャワー代くらいか。

砂で足が汚れたり、トイレが遠かったりと子連れだといろいろ大変ですが…海に行くと『夏を満喫した~!』って気分になりますね。

もうすぐ夏も終わりますが、夏の終わりに海水浴はおすすめです(*'ω'*)


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

スポンサードリンク

-お出かけ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 雑記帳 , 2020 AllRights Reserved.