ママ日記

明るい廃墟に魅力を感じる

更新日:

明るい廃墟が気になる。

%e5%bb%83%e5%a2%9f

今日の記事はほんっとどーでもいーような内容です。なんとなく書きたくなってみました。ちょっと変かもしれませんが、私は明るい廃墟が好きです。

「明るい廃墟」と言えば滋賀県守山市のショッピングセンター「ピエリ守山」が有名ですね。要するに建物はまだキレイなのにテナントがすかすかでお客さんもいない、廃墟のようになってしまった場所の事を言います。

ちなみにピエリ守山は2014年12月にリニューアルオープンをして大復活を遂げたようです。こんな事ってあるんですね(・∀・)よかった、よかった!→ピエリ守山廃墟からの復活

スポンサードリンク

増える廃墟モール

最近、廃墟化しているモールが増えてきているようです。確かに、関西でもイオンとかどんどん増えてきてますよね。私はイオンなどのショッピングモールは好きなのでどんどんできるのはありがたいですが、毎年のようにそこかしこに出来ているイメージなので、ちょっと増やし過ぎじゃ?と思う事もあります(^^;

ショッピングモールがたくさんできすぎて近隣のモール同士でお客さんを取り合う事態が起きているようです。新しくできるモールはだいたい魅力的な店舗が入ってるので、前からあったモールが不利になってしまうという…。

スポンサードリンク

入ってるとウレシイ店舗

私はだいたい自分が買い物する場所は決まってます。モールに最低限入っておいてほしいお店ってのがあります。勝手な希望ですがユニクロと無印良品、赤ちゃん用品(べビざらす、アカチャンホンポなど)、本屋、雑貨屋、輸入雑貨店(成城石井やカルディ)、100均はやっぱり最低限入っていてほしいかも…。

学生のときは音楽が好きだったのでタワーレコードなどのCDショップを何軒も渡り歩いていましたが、最近は音楽も聞かなくなったのでどうでもよくなりました(笑)

TSUTAYAで気になるやつをレンタルすればいいかな~って。最近はそのレンタルすらもしなくなってしまいました。年をとって新しい事にあまり興味がなくなってしまったのが大きい。あとは音楽業界自体も昔に比べて少し衰退気味ですよね…。90年代が懐かしい~!CDショップが軒並み潰れていくわけだ。

お気に入りの場所

私が気に入ってるテナントすかすかのキレイなスポットがあります。それは南港のATCビル。1階は賑わってますが、別の階に行くとすごいですよ。建物自体がものすごく広いから余計ガランとした雰囲気を醸し出します。まるで大阪じゃないみたい。

1つのフロアにテナントが少ししか入ってない。省エネでしょうか。テナントが入ってるとこ以外は電気もついてないから昼間でも少し暗い。人気も少ないので一人では行かない方がいいかもしれないです。楽しいお出かけで心躍るはずがちょっぴり孤独感を感じる不思議な場所、明るい廃墟マニアには超おすすめです。

あと最近では京都駅最寄りのイオン。たまたま移転作業中(2016年6月)だった事もあり、平日に行ったら専門店街の方がちょっとガラガラでした。(スーパーの方は見てないからわかりません)京都駅からも近くて便利なんだけどなぁ…。おかげでフードコートも並ばずに席取りも楽でしたが、「ちょっと大丈夫?」って心配になりました。

明らかにお客よりも店員さんの数の方が多い。うちはここのイオンが開店してすぐのときの大盛況を知ってるのでどうしても比べてしまって…。これが同じ場所なのか?と。まぁ移転作業ちゃんと終わってテナントが落ち着いたら客足も戻ってくると思いますが…。

さいごに

人が多い場所が苦手なのもあり、人気のないショッピングモールになぜか惹かれてしまいます。正直虚しい気持ちになるんですが、なぜか気になるんです。

なんでこのモールはこのようになってしまったんだろう?と原因を考えたりするのも好きです。絶対に廃墟になるきっかけってあるんですよね。集客力の強い店舗が撤退したとか、近くに新しいモールができたとか、交通アクセスや駐車場事情が悪い、とか。これからもいろんなモールを見て行きたいと思ってます。

スポンサードリンク

-ママ日記

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.