名探偵コナン

【コナン】98巻のネタバレ・感想。服部が告白?!赤井メアリー正体は?

更新日:

アニメでも人気の名探偵コナン。

私も昔1巻から集めてたんですが、いつまで経っても終わらず、途中で挫折!

でも最近、やっとコナン(新一)が戦う黒の組織のボスの正体が分かったと事なので、10年以上ぶりにコナンを買いました。

98巻ではコナン界でのキーパーソン・赤井秀一とその家族が総出演する注目巻です。

赤井ファミリーシリーズは人気が高いらしく、

赤井ファミリーをまとめたアニメの総集編が映画『緋色の不在証明』にもなっています♪

ママ
いつものGWのコナン映画に比べてポスター地味だな~と思ったら、スピンオフ作品だったのね…

今回は赤井ファミリーが総出演する名探偵コナン98巻の軽い内容と感想について書きます。(ネタバレ注意です!)

今までの簡単な復習

重要な登場人物

コナンや蘭、博士などおなじみのメンバーは省略します。

灰原哀(本名は宮野志保)…コナンの体を小さくした薬・アポトキシンを開発した少女で、黒の組織の元メンバー。(コードネームはシェリー)本当の年齢は18歳だが、組織から逃れるためにアポトキシンを飲んで幼児化して博士の家に居候中。一時的に大人の姿に戻すアポトキシンの解毒剤を作る事に成功。

宮野エレーナ(既に死亡)…灰原哀の母親。夫の厚司と共に黒の組織の科学者。

赤井秀一…FBI捜査官。コナンの正体が新一だと知っている。黒の組織に潜入捜査をしていた。灰原哀の姉の宮野明美と付き合っていた。黒の組織からは『シルバーブレット』として恐れられている。今は大学院生・沖矢昴に変装して新一の家に居候している。

安室透…3つの顔を持つ男。表向きは喫茶『ポアロ』の店員で私立探偵で、毛利小五郎に弟子入り。裏の顔は黒の組織のメンバー『バーボン』。でも本当の姿は公安警察の『降谷零』。赤井とはライバル同士で、ある事件から赤井の事を憎んでいる。

黒の組織のメンバー…ジン、ウオッカ、ベルモット、ボス『あの方』

RUM(ラム)…黒の組織のナンバー2、『あの方』の片腕らしい。左右どちらかが義眼。作中には片目が義眼の人物が3人出ている。①黒田兵衛(警視庁捜査一課管理官)②若狭留美(コナンのクラスの副担任)③脇田兼則(いろは寿司の店員)

赤井ファミリーの情報

■赤井秀一…FBI捜査官で黒の組織に潜入捜査していたが、コナンの協力の元、来葉峠で死んだふりをして(発見された焼死体は別人のもの)、現在は大学院生・沖矢昴として工藤新一の家で居候中。

■羽田秀吉…赤井の弟。資産家・羽田家に養子に入り、将棋の名人になる。赤井一家の中で、唯一危ない事には関わってない人物。彼女は交通課の宮本由美。

■世良真純…赤井の妹で、ボーイッシュ。帝丹高校で蘭や園子と友達になる。『コナン=新一』ではないかと怪しんでいて、度々探りを入れている。

■赤井メアリー…赤井秀一達の母親で、自らを『領域外の妹』と名乗る。現在は中学生ぐらいの姿になっていて、娘の世良真純とホテル暮らしをしている。息子の秀一は死んだと思い込んでいる。

98巻の内容

98巻は主にこの4本です。

特に注目なのは服部平次が和葉に告白しようとする話と、

羽田秀吉が拉致監禁されてコナンと赤井が協力して犯人を捕まえる話です。

鑑定士の事件が解決!

世良真純は沖田昴(本当の正体は赤井秀一)に『なぜ僕が女だとわかったんだ?』と質問をして、

沖田「オシリですよ…女性特有のヒップラインを見れば一目瞭然」とちょっと変態ちっくなコメントをして

世良を黙らせます。

ママ
さすが赤井秀一…

ここで赤井の回想シーンで、

17年前、赤井秀一、羽田秀吉、母親の赤井メアリーは飛行機で日本に向っていた。

11歳の秀吉「なんで日本に行かなきゃならないの?」

15歳の秀一「俺達はこれからイギリス人だと言う事を隠して日本で暮らすんだ」

赤井メアリー「お父さんの友人の羽田さんの息子の浩司さんがアメリカで謎の死を遂げて、

お父さんが調べてたんだけど、とんでもない相手が絡んでいて危険だから日本に避難するのよ…」

赤井メアリー「お父さんは強い人だからきっと悪い人たちを一網打尽にしてすぐに戻ってくるわ…」

ちょうどその頃、赤井メアリーは妊娠していて、その時の子供が世良真純です。

羽田浩司は赤井務武の友達の息子だったんですね。

その後、赤井家の次男の秀吉は羽田家に養子に入ってるので、赤井家と羽田家のつながりが強いものだと

考えられます。

鑑定士の事件は無事に解決し、この時にコナンは赤井メアリーの言った『領域外の妹』の意味を確信します。

『領域外の妹』=sister(妹)からter(テリトリーの略称)を外すと『sis』

『sis』=シークレットインテリジェンスサービス=『イギリス情報局秘密情報部』

つまり赤井メアリーはイギリス情報局秘密情報部の人間である可能性がありますね。

ママ
赤井メアリー…思った以上に大物だった

また、世良真純は沖矢昴(実は赤井秀一)が口走った『今のはフィフティ、フィフティだ』という言葉が

自分の死んだ兄・秀一の口癖と同じである事にひっかかっています。

世良真純が『沖矢昴=赤井秀一』だと気づく日も近いかもしれませんね(^^;

服部平次を狙う紅葉の挑戦状

服部平次に片想いをする京都のお嬢様・大岡紅葉は暗号解読の依頼を服部にする。

もし服部よりも先に暗号を解く高校生がいたら、紅葉の願いを服部が何でも聞くように約束する。

工藤新一(コナンを通じて参加)VS服部平次の暗号対決に和葉はハラハラを隠せない。

暗号解決ゲームの予定が思わぬ殺人事件に巻き込まれてしまう一同。

コナン(新一)は服部の一足先に暗号と犯人がわかったが、

服部に勝ちを譲るためにヒントを出し、今回の勝負は服部の勝ちとなる。

勝負に勝った勢いで、服部は年に1度のラブリー映えスポットで

和葉に告白をしようとする。

服部「せやから今日はハート記念日や!!和葉!!これからオレのハートを伝えるさかい、よー聞いとけよ…

と言った瞬間に和葉の姿はなく、船の前で蘭と紅葉と3人で仲良く記念撮影をしていた。

紅葉は、平次が和葉に告白しようとしていたのを察し、平次の告白を妨害したのだった。

このときにコナンは17年前にアメリカでアポトキシンを投与され死んだ羽田浩司の家に

赤井の弟・秀吉が養子に入った事を知る。

秀吉が浮気?!将棋棋士連続殺人事件

交通課の宮本由美は一緒に暮らす羽田秀吉が、

最近おめかししてどこかに出かける事を不審に思って尾行していた。

なりゆきでコナンも尾行に同行する事になってしまうが、

実際は羽田秀吉は将棋の勉強会に参加していただけだった。

しかし、その場所で棋士が殺されているのを発見。

ちまたで起こる連続棋士殺人事件と関係がありそうで、

コナンや羽田秀吉も事件の真相を解明しようとする。

羽田秀吉は犯人の正体がわかり、自首するように説得しに行ったが

犯人に返り討ちに合ってしまい監禁状態になる。

ママ
羽田秀吉は頭はいいけど、攻撃力が弱い…

その事を知ったコナンは秀吉の兄・赤井秀一(現在は工藤新一の家で居候中)と

協力をして羽田秀吉を救出しようと奮闘する。

赤井とコナンのコンビネーションにより、犯人は無事に確保。

ママ
弟想いの赤井さんの姿が新鮮!

羽田秀吉と赤井秀一の会話で赤井家の状況がわかります。

羽田秀吉「兄さん…母さん、僕の彼女に会ってくれないんだ…電話にも出てくれないし…」

赤井秀一「俺が生きてる事は話してないだろうな?」

羽田秀吉「ああ…」

赤井秀一「心配するな…母さんにはいずれ会える…」

羽田秀吉は自分の母親・赤井メアリーが薬で中学生ぐらいの姿になってる事を知らないようですね。

でも赤井秀一とは2人だけでやり取りする用のスマホを持ってる事から、

赤井秀一は弟の秀吉だけには自分が生きている事を知らせているようです。

(赤井メアリー・世良真純は赤井秀一は死んでいる、と思い込んでいます)

蘭達、同級生の誕生日パーティーに参加

蘭・園子・真純は同級生である関澤祐美と姉の誕生日パーティーに招かれて、そこで殺人事件が起こる。

しかも殺された男のメガネには『天誅』とマジックペンで書かれるという意味のなさそうな演出付き。

いかにも今まで友達であったかのように、蘭は同級生の関澤祐美を『祐美チン』とあだ名で呼んでますが、

私の記憶する限りではこの女子は見た事ないので、この子も容疑者候補の1人に入りますね。

(金田一でもずっと前から友達だというテイストの初登場人物が、犯人だったパターンが多い)

コナンは口内炎の薬を飲むときのピルケースの中にアポトキシン4869の解毒剤を忍ばせており、

その薬を世良真純に見られます。

世良「おい、何なんだ、その青と白のカプセル」

コナン「な、なんれもないお!(何でもないよ)」

コナンの慌てぶりから、その事を早速、電話で母親に報告する世良真純。

世良「やっぱりコナン君、持ってたよ、薬」

赤井メアリー「その慌てぶりから察するに体を元に戻る解毒剤の線が濃厚だな…可能ならかすめ取れ」

世良「OK、ママ!」

ここで赤井メアリーの回想シーンです。

赤井メアリー(私が飲まされたのは赤と白のカプセル…ロンドンのヴォクスホールブリッジで奴らの不覚を取って…)

赤井メアリーが橋で縛りつけられてる?ような描写があります。

なにやら穏やかではない様子ですね…。

99巻では赤井メアリーがヴォクスホールブリッジで何をされたのかが、明らかになるようです。

98巻の感想

98巻は冒頭から赤井ファミリーの17年前のエピソード、『領域外の妹』の本当の意味、赤井メアリーの体が小さくなってしまった理由が明らかになりましたね。

赤井秀一の父親・赤井務武は生きてるのか、死んでるのかはまだ明らかになっていません。

もしかしたら赤井同様に、死んだふりして誰かに変装して生きている可能性もありますよね(^^;

それにしてもコナンはピルケースの中のアポトキシンの解毒剤(灰原作)を世良真純に見られたり、

結構うっかりし過ぎ!(^^;

世良真純はすぐに母親にそれを報告し、母親から『可能ならかすめ取れ』って命令されてるし!

ママ
それは普通にドロボーです

赤井メアリーは黒の組織からアポトキシンを飲まされて体が小さくなったようなので、

これからコナン達と協力して黒の組織に立ち向かう事になるのか…

赤井秀一(沖矢昴)とコナンは既に協力関係にあるので、

赤井メアリーもそれに合流する可能性もありますよね。

(井ファミリー+コナン)VS黒(の組織メンバー)との対決が待ち遠しいです!

さいごに

今回は名探偵コナン98巻の軽い内容と感想について書きました。

98巻ではまたもや服部平次は告白に失敗(;O;)

しかも服部に恋する紅葉お嬢様の登場で、

服部&和葉カップルの誕生はまだまだ遠そうです。

赤井メアリーの正体もわかって、いよいよコナンに目が離せません!

ママ
100巻は確実に突破しそうだね

ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

関連コンテンツ

-名探偵コナン
-, ,

Copyright© 雑記帳 , 2021 AllRights Reserved.