子供の学習

本を読まない小学1年が自分から読んでいる本『子どもとよむ日本の昔ばなし』

更新日:

スポンサードリンク

うちの子供(小学1年)はあまり本を読みません。

特に長い文章を読むのが苦手なようなので、アニメ絵本の日本昔話・世界昔話シリーズを中心に読んでいました。

↓アニメ絵本シリーズ

初音
この本だけは読む~

図書館にあるアニメ絵本シリーズはほぼ読み終わったので、次に子供が読む絵本を探していたところ、良い本を見つけました。

今回は読書嫌いの小学1年が自分から読む本をご紹介します。

スポンサードリンク

『子どもとよむ日本の昔ばなし』けっこう面白い!

図書館で借りてきた本はこちら。

『子どもとよむ日本の昔ばなし』シリーズです。

みんながよく知るメジャーな物語もあるのですが、(いっすんぼうしやかさじぞうなど)あえて子供が知らない話をチョイスしてみました。

絵は昔ながらの絵で温かみがありますね。

本によってイラストは異なります。

開くとわかるのですが、1ページあたりの文章がそんなに多くないので、子供も読みやすいようです。

あかねママ
読み聞かせをするこっちもラク!

本の大きさも小さいので、寝る前の読み聞かせにぴったりなんですよね~。

私が読み聞かせる事も多いけど、この本にしてからは小学1年も自分から本を開くようになってます。

物語の内容は正直者は救われて、欲張る者にはバチが当たる的なものが多いですね。

展開がスピーディーで、クスっと笑える描写も多いです。

意外な終わり方をする物語もあって、

あかねママ
えっこれで終わりなの?

と思う事もしばしばです。

それがまた、子供の興味を惹きつけるようです(^^;

『おむすびころりん』(ねずみが出てくる)の話と思いきや、おむすびころりんの話ではありませんでした。

お地蔵さんが出てきて、最後は鬼が出てきて

正直じいさんは裕福になったのですが、欲張りじいさんはちょっとしたミスで、地獄へ連れて行かれてしまいます。

最後に『むかしこっぷり どじょうの目』と締めているのですが、その言葉の意味もよくわかりません。(呪文…?(;O;)

今まで読んでいたアニメ絵本シリーズの場合は、欲張りじいさんにも救済措置が取られてたりするのですが、このシリーズは容赦ないです。

『悪い事(欲張りな事)をしたら罰せられる』『正直者だけが救われる』を貫いています。

また、毎回謎の呪文で終わり、その意味が全くわからずにそれが不気味な余韻を残すんですよね…(^^;

初音
こ、こわいよ~!!

このシリーズを読んでいると、子供はよく『これってどういう意味?これ、最後はどうなったの?』と私に質問してきます。

全てを本で説明してしまうのではなく、少し謎を残したまま終わるってのが、子供の想像力を掻き立てるようです。

しれっと残酷な話や怖い話もありますが、子供は気になって読んでいるので、このシリーズは読破しようと思ってます(^^;

さいごに

今回は読書嫌いの小学1年が自分から読む本『子どもとよむ日本の昔ばなし』について書きました。

子供にはたくさん本を読んで欲しいけど、自分から手にとってもらうのはなかなか難しいです(^^;

でも、この『子どもとよむ日本の昔ばなし』は文章も短く、読書苦手な子供でも興味をひく内容になっているので、おすすめです♪


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

スポンサードリンク

-子供の学習
-, , , ,

Copyright© 雑記帳 , 2020 AllRights Reserved.