Paradise Kiss

矢沢あい「パラダイスキス」 あらすじ&感想①

更新日:

スポンサードリンク

%e8%9d%b6

矢沢あい先生の「パラダイスキス」は
最初は「ご近所物語」の続編という認識で買ったんですが、
もう別物と思っていいと思います。
そもそも主人公が違うしね^^;

スポンサードリンク

おおまかなあらすじ

主人公・紫は受験ノイローゼ気味の高校生。
スタイル抜群だが、親の言われた通りの人生を歩む
ごくごく普通の女の子だった。
そんな時、服の勉強をする実和子(実果子の妹)、
嵐(リサの息子)、イザベラ(オネエ)、
そして俺様なおぼっちゃまジョージ(ヒーロー)と出会う。

感想

ジョージが紫の心を掴むまでの行動が実に見事。
紫が忘れていった生徒手帳を放課後に届けたかと思えば、
「返して欲しければ取りにおいで」とまんまと自分の車に乗せ、
紫の髪型をイメチェンさせて、自分のアトリエに連れて行く。
その後、紫の自宅に電話で紫の所在を確認、
紫のいる図書館に行き、自分から声をかけるわけでもなく、
ただ黙々と本を読む。
ジョージが気になる紫はついに自分から声をかけてしまいます。
普通に考えたらジョージにやってる事はストーカーっぽいけど
これもかっこいいから許される行動なのでしょう。
ってかここまでされたら紫が惚れてしまうのも無理ない^^;

その後、紫はファッションショーのモデルとして
「パラキス」の一員になりますが、
そこから先のジョージは割とに淡白。
日本人らしからぬ情熱的なアプローチはするけど
モテモテで何かと忙しいジョージに紫は物足りなさを感じます。
紫は一途で「もっともっと欲しい」タイプ。

スポンサードリンク

うん、これなんかリアルだわ~

モテ男って自分がアプローチする時は熱心なんだけど
脈がなかったり、または自分がもう手に入れてしまったら
潮が引いたように淡白になるタイプが多い気がする・・・
結局は狩りを楽しんでるだけで飽きっぽく
何を考えてるのかわからないタイプ・・・
これは今までの少女漫画ではなかなか
描かれなかったのではないでしょうか。
表面上のくっついた別れたのすったもんだはあっても
内面のデリケートな感情を表してるところが
この漫画の好きなところです。

関連記事:

矢沢あい「パラダイスキス」あらすじ&感想②

矢沢あい「パラダイスキス」あらすじ&感想③

スポンサードリンク

-Paradise Kiss
-, ,

Copyright© 雑記帳 , 2020 AllRights Reserved.