雑誌クッキーの漫画

雑誌「クッキー」黄金期を振り返る

更新日:

%e6%bc%ab%e7%94%bb%e5%a5%b3%e5%ad%90

隔月誌になったクッキー

雑誌クッキーが隔月雑誌になってしまい数ヶ月
2000年創刊からもう12年。
2005年~2006年は約22万部→2009年~2010年は約12万部。
矢沢あいさんの「NANA」が2009年夏頃に休載してから
部数がおよそ半減しちゃってるんですよね…
(2010~2011年は約9万部)
それだけNANAに人気が集中してたって事なのかなぁ

スポンサードリンク

あの頃を振り返る

確かにあの頃は勢いがありました!
「NANA]のコミックスが出たら速攻で買ってたし、
アニメや映画にもなったな~

NANAコミックス売り上げ累計(19巻の時点で)約4360万部
今は21巻まで出てるからもう少し伸びてると思うけどこの数字はスゴイ!

同じ19巻・集英社つながりで比較すると
今更ながら私がハマってる一条ゆかりさんの
「有閑倶楽部」全19巻が累計約2500万部だから
NANAはそれ以上に売れたのか・・・
(余談ですが有閑倶楽部、かなり面白くてよくできてます★)
***
あの頃はNANA以外の漫画も結構面白いのが多かった
覚えてるのは 藤末さくらさん「あのコと一緒」、志村志保子さん「女の子の食卓」、水沢めぐみ「神様のオルゴール」
あいざわ遥さん「カラフル・パレット」、石田拓美さん「ジグザグ丼」
池谷理香子さん「微糖ロリポップ」
看板の「NANA」を筆頭にこの頃がわりと黄金期だったんじゃないかと。

あと忘れちゃいけないのがいくえみ綾さん「潔く柔く」
これはじわじわ人気が出てきて2009年には講談社漫画賞に選ばれましたね!
振り返るとクッキーて安心して(?)読める良作が多いイメージ。
きっと元・りぼん読者もそんな雑誌だからこそ買ってたんじゃないかなぁ、と勝手に予測。

スポンサードリンク

新人さんいたなぁ…

クッキー出身の新人さんでも何人か好きな人いたんだけどな・・・
他にも好きな作家さんちらほらいたのに・・・
一体みんなどこに行っちゃったのさ~
(何回か連載の機会があれば固定ファンはそれなりについてたと思う)
今はもう好きな作家さんのコミックスを買うだけで
雑誌の方は立ち読みも購買もしてないので
あまり意見は言えませんが・・・
とりあえず頑張れ、クッキー!!
ここらへんで雑誌の方針を原点に戻してみるのも
いいかもしれませんね~
まぁ難しいかもしれないけどさ・・・

スポンサードリンク

-雑誌クッキーの漫画
-,

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.