NANA

NANAのラストを予想する④ラストシーン予想

更新日:

スポンサードリンク

%e9%bb%92%e7%8c%ab

伝説の大人気漫画『NANA』。

NANAはいろんな謎や伏線がちりばめられたまま2009年に連載が止まってしまいました。

連載が止まって10年以上経った今でも、

女性
続きが気になる~
女性
あの謎はどうなったの?

とウズウズしている読者も多いのではないでしょうか。

今回は矢沢あい先生の漫画ファン歴25年以上の私が『NANA』の最終回のラストシーンを

勝手に予想します。

まぁその途中経過は想像しようもないので、一気にラストシーン予想します<m(__)m>

スポンサードリンク

矢沢あい先生の作品の最終回を振り返る

「ご近所物語」では実果子がロンドンに留学し、ツトムと法司がロンドンに行くところで実果子のモノローグ。

「パラダイスキス」ではジョージがアメリカで舞台衣装のデザイナーで活躍し、紫は徳森君との新婚旅行に行くと決めたところで紫のモノローグ。

『NANA』の大崎ナナ編のラストは、クリスマスライブを終えたナナがレンのいる東京に行くと決めたところでナナのモノローグでした。

つまりこの事から考えると、ラストシーンは
『遠くにいる相手の所に行く、と主人公が決意したところでモノローグを入れる』
可能性が高いんじゃないかと、予想します。

そして『NANA』のラストシーンの予想

『NANA』の場合は、ナナはイギリス、ハチは日本にいる状態。

ハチは子供とか仕事とかいろんなしがらみがあるけどとにかくナナを会いたい一心でイギリスに向かうところで
物語冒頭の「ねぇナナ」のモノローグが入るんじゃないかな~と予想。

もしくはイギリスの海沿いでナナと再会するシーンでモノローグが入るんじゃないかなぁ…?

まぁ私の勝手な理想ですが(^^;

ちなみに『下弦の月』では主人公達は普通の生活に戻り、本当のラストは死んだアダム(幽霊)が登場人物達を俯瞰しながらの
モノローグで終りました。(コミックス参考)

『NANA」の場合、蓮が死んだので蓮のモノローグで終る可能性もありえるかも…?

いや、レンが登場人物達を俯瞰するモノローグなんて悲しすぎて泣けてしまいます…((+_+))

あかねママ
レンよ、なんで死んだんだー!(泣)

やっぱりレンが死んだのは普通に驚きました。

でもレンのモデルをシドヴィシャスにした時点で、蓮が死ぬ設定はあったんだろうし、
ナナ「私が死んだら蓮も死んでくれる?」とか
レン「ナナ、死ぬ時は一緒だぞ」とかやたら死を連呼してたから

死ぬ伏線は所々にあったんですよね…((+_+))

解決するには問題が山積み

最終回になるには、ハチが抱えるさまざまな悩みや問題がクリアになる必要があります。

ナナがイギリスのどこにいるかまではまだわかってないし、
(倉田・・・店の看板まで写真取ったんなら住所まで書けばいいのに)←今だったらツイッター検索で一発でわかりそう。

イギリスにいるタクミとの関係や子供・レンとの関係、タクミとレイラ、ノブとの関係など問題は山積みです。

ハチはこのまま冷え切った夫婦関係を続けるのか、ノブと復縁をする可能性はあるのか。

未来編でもハチは27歳ぐらいなので、年齢的にはノブと復縁しても問題ないですね(^^;

ハチは着物姿似合うし、皐も連れてノブと再婚して、寺島旅館の女将になって欲しい!(←勝手な妄想)

いろんなもめ事が全てクリアになって、みんなが幸せは結末が迎えられる事を祈るばかりです。

さいごに

今回は『NANA』の最終回のラストシーンを矢沢あい先生の他の作品を踏まえて、予想してみました。

いろいろ書いてしまいましたが、最終回の結末なんて誰にもわかりません。

矢沢あい先生は昔のインタビューで、『登場人物のキャラや物語の設定が決まったら、後はキャラ任せでストーリーが進んでいく』と書いてたので、先のストーリー展開なんて誰にも読めないんです(^^;

いつか『NANA』が再開される事があったら、読むのを楽しみにしておきましょう♪

NANAのアニメや映画を見たいって人は動画サービスU-NEXTで見れます。

U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドです。

  • 31日間無料サービス
  • 19万本以上の動画、80誌以上の雑誌が見放題・読み放題
  • 最新作がどこよりも早く視聴できる

NANAアニメ全47話、映画『NANA』『NANA2』も、U-NEXTなら何度でも見れちゃいます♪

女性
わざわざDVDを借りてくるのが面倒
女性
他の話題のアニメ(鬼滅とか)や映画も見たい!

って人はU-NEXTはおすすめですよ♪


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

スポンサードリンク

-NANA
-, , , ,

Copyright© 雑記帳 , 2020 AllRights Reserved.