NANA

NANAキャラ~ヤス編~

更新日:

%e9%bb%92%e7%8c%ab

このシリーズはまだ続いてたのかと自分でもびっくりなNANAキャラシリーズ。今回はヤスについてです。美雨、百合、詩音と来たので当然女の子キャラと思いきや、当初からの重要レギュラーメンバー「ヤス」。

残念ながら初期のコミックはぜんぶ実家に置いてあるので細かいセリフなどはうろ覚えですが、それでもよければお付き合い下さい。

スポンサードリンク

ヤスって最強のモテキャラ

ヤスってNANAに出てくるキャラの中で一番モテるキャラだと思うのは私だけでしょうか。狙った獲物は必ず自分のものにしてるんですよね。レイラ、美雨など。詩音…は自分のものにしてるのかどうか微妙なところですが。愛人としてダラダラ付き合ってる感じ?

レイラ×ヤスの高校エピソード

高校生時代にレイラにプチ片思いをしていたレン。隠れ家で「レイラは(どこ)?」とタクミに聞いて詩音が「レイラならヤスが持ち帰りしたよ~」 レン「くそ~」とヤスにレイラを取られた事を悔しがります。

ヤスはレイラの孤独を早くから察知していました。タクミの事が大好きでたまらないのに報われない孤独を。早い時期からレイラの傍にいて、夜ご飯を一緒に食べたりするいい友達関係を続けていました。レイラも絶対的な安定感のある保護者のようなヤスに懐いていました。

でもタクミの横暴さ(自分は女遊びも素行もやりたい放題なのにレイラに対しては素行の注意が厳しい)に「もうタクミなんか大っ嫌い!」と感情が爆発したときにヤスはすかさず言います。ヤス「じゃーもう俺にしとけ」 さりげなく告白してるし!ヤス、かっこよすぎるよ。これはモテる余裕のある奴にしか言えないセリフだと思います。

ヤスとレイラは明け方二人で帰ってる途中、レイラはヤスに「更生しなさ~い」と言ってヤス「そうだな、これからはお前もいるしな」 レイラの返事もまだはっきりしてないのにもう彼女に決定って口ぶりが強引と言うかすごい!ヤスって意外と俺様?でもレイラも顔を赤らめてまんざらじゃなさそう。もうなんなんだ、この二人の距離感。こちらがドキドキするわ。

そして海の音を聞かせるという名目でレイラに目をつぶらせてキス。もうこれ、ヤスは完全に恋愛テクニシャンですわ。計算でやってるのか、頭の良さゆえ自然に誘導できるのか。これで決定的に二人は恋人同士になります。

ヤスが一番マトモ

ヤス、スキンヘッドのくせにやってる事は安全にモテ男のやる事だぞ!単なる女たらしのタクミやレン(当時)がお子様に見えてきてしまいます。いや、彼らはきっと全ての女性が恋愛対象でヤスは自分が狙った相手だけが恋愛対象なのでしょう。まぁヤスの感覚が一般的だと思いますが。

実はNANAに出てくる恋愛エピソードでレイラ&ヤスのこのやりとりが一番好きだったりします。ハチ&タクミはセ○レ→デキ婚の流れ、シン&レイラもセ○レからのスタート、ノブ&百合もついノブが百合に手を出しちゃって…の展開。あれ、NANAってそんなのばっかり?

そう、ヤスだけなんですよ。ちゃんと好きという気持ちから付き合って順序を踏んでいるのは!みんな体からのスタートでなんとなく付き合う流れになってる感じがするんですよね~

だからシンがレイラを好きだとか赤い糸だとか言われても「いやいやアンタらセ○レ、てか元々は○春だったじゃん」って突っ込みを入れずにはいられない。いまいちレイラやシンには感情移入ができないっていう(^^;

スポンサードリンク

美雨×ヤスの寮カップルエピソード

美雨は当初、ノブの事が好きでした。きっと読者もノブの次の彼女は美雨なんだ!と思ってたと思います。でもシンとレイラの誕生日パーティーの夜に全ての歯車が完全に狂った。百合、ノブにわかりやすく色仕掛け、そして簡単に引っかかり付き合う事になったノブ。本当、ノブって単純だな~。でもこれは男の真理ですね。

難攻不落そうなお局女子・美雨と素直に自分に好意を寄せる百合(しかも色っぽい)。比べるもなくそれは百合が勝ちですよね。

百合とノブがイチャイチャしながら個室に消えて行ったのを見てひとり寂しく寮に帰る美雨にヤスは声をかけています。ヤス「アイツ(ノブ)は単純だから高等なテクニックは通用しないぞ。あんな冷たい態度を取ってたら嫌われてると思うだけだ」

ヤスはこの時点で美雨がノブの事を好きだって事にも気づいています。なんという洞察力。全てを客観視している神の目を持っているようだ。傷ついてる女性がどん底にいる瞬間に必ずいるのがヤス。

その後もノブと百合が寮でイチャつくのがたまらなくなった美雨に優しくフォローを入れてさらに「ナナも気になるけど今は美雨の方が気になる。ちょっと気が多いか」てな感じの事を言い美雨に少し気があるかのようなセリフを言ってます。

この時点でヤスは美雨の事を好きかどうかは正直わかりません。どちらかというと精神的に不安定な美雨をちょっと救おうとしてるだけのようにも見えます。これは奈々が章司と別れた後に奈々「(彼氏には)浮気してフラれちゃったの」とヤスの前で泣きそうな顔をしたシーンとかぶる。そのときのヤスは奈々の頭をポン、となでながら「もったいない事をするなぁ。バカな男だ」と去ってましたね。(でもこの時のヤスはやっぱり奈々に冷たすぎず、優しすぎずな態度だな)

それ以降は美雨の方がヤスにアピールを始めてますね。ノブ達の前で「これからは私がヤスに甘えちゃお」って言ってるし(^^;美雨は精神安定剤のような性格のヤスに頼りたくなったんでしょうね。うん、それは正しい選択だ。

その後、百合の仕事ドタキャン騒動でヤスは美雨を早朝に自分の部屋に呼んだり、「帰ったら酒でも飲むか」と誘ったり積極的になってます。そして美雨もまんざらではない様子。ヤスの好きな女性を落とすときの積極的な行動は見ててキュンキュンします。スキンヘッドなのになぁ~(笑)

ヤスが唯一手に入らなかったのはナナ

そんなヤスが唯一手に入らなかった女性ってナナですよね。それはナナがレンのコンサートに行ってレンがヤスに「ナナが来てる!」と電話をしたときにヤスはレンに言います。ヤス「いい加減、あいつ(ナナ)と寄りを戻す気がないならナナは俺がもらう」

これはレンを焚き付ける為に言ったセリフでしたがたぶんヤスの事だから半分くらいは本気だったんじゃないかなぁ…。ヤスのナナに対する愛情って保護者って枠を完全に超えてる気がします。だから美雨もヤスと付き合うときに、美雨「もしレンとナナちゃんが別れたら私はどうなるの?」って不安になってたし。

まぁヤスはレンの大切な物を奪ったりは絶対にしない、と誓っているけどレン不在のときは代わりに自分が支える、くらいの覚悟はあったんでしょうね。あくまでもレンの大切なナナ、という位置づけなのかもしれません。

一方、ナナはもちろん一番好きなのはレンなんだけど、自分の心の中にかなりヤスが入ってきている事を明かします。ナナがサーチからレンとレイラの抱擁写真を送りつけられ泣いてる時のセリフ。ナナ「レンを裏切る気がないんなら、これ以上私の中に入ってこないで」ヤス「じゃこれからは俺の前では泣くな」その言葉を聞いたナナは死んだような目をしてしまいます。今まで好きなだけ甘えてきたヤスにこれからは甘えられなくなる。ナナにとってはかなりのダメージですよね。

結構前の巻ですがナナのこんなモノローグがありました。ナナ(皮肉にもこの数年間でレンとの絆よりもヤスとの絆の方が強くなってきた気がする)

レンとナナが同棲してライブ活動をしてた時期、レンが上京して地元でレン抜きでライブ活動をしていた時期、そして上京後の生活。ヤスは最初から今までずーっとナナの傍でナナを支え続けているんですよね。(ノブは高校からだけど友達なので(^^;)長いよなぁ…。しかもナナは結婚してもレンとはすれ違いばかりで、ナナを精神的に支えているのはやっぱりヤスです。これはもう心の中に入ってきても仕方ないですよね…(+_+)

スポンサードリンク

レンの死後、ナナはどうなる?

レン不在のときはナナを支えるヤス。ヤスは「レンとナナが別れたらまた二人が寄り添える事を願う、何度でも」と美雨に言ってましたがレンが死んでしまいました。もうナナと寄り添える日は永遠に来ません。ヤスには美雨います。ナナは完全に孤独になってしまいました。だからあのような孤独な未来になるんでしょうね…。

こんなことならとっととヤスとくっついておけば幸せだったんじゃ?って思うけど…まぁ仕方ないですね(^^;とりあえずヤスの彼女になれた美雨が賢かったって事で…。


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

スポンサードリンク

-NANA
-,

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.