子供の学習

【くもん】5歳児が『かず・たしざん(入学前)』をやってみた内容・感想

更新日:

最近、幼稚園年中の5歳児も自宅学習を再開しています。

習い事の日もあるけど、幼稚園に帰ってから意外と時間があるんですね(^^;

5歳児は1~10までの数字はだいたい書けるので、

そろそろその先の算数の学習をしようと思って、

くもんのドリルを買ってみました♪

今回は5歳児がくもん『かず・たしざん(入学前)』をやってみた内容・感想を書きます。

くもん『かず・たしざん(入学前)』はこんな感じ

くもん『かず・たしざん(入学前)』は30までの数字と足す5までのたしざんの学習ができるドリルです。

まずは『できたねシール』。

終わったらシートに貼る事ができます。

このシールはパズルのピースのようになっていて、

完成すると1つの絵が完成します。

↑こちらの台紙にシールを貼っていきます。

子供はこの絵を早く完成させたいがために、問題を解こうとします。

あかねママ
くもんのドリルは子供の学習のモチベーションを上げるのが上手

テントウムシに書かれている1~10までの数字をなぞって絵を完成させます。

1~10の数字を声を出しながらなぞります。

書き順も書いています。

うさぎに書かれている1~30までの数字をなぞって絵を完成させます。

さっきの1~10のテントウムシの問題に比べると、難易度はグッと上がりますね(^^;

11~30までの数字の練習です。

くもんのドリルはとにかく書いて覚えます。

足す1の練習問題です。

足す1は次の数、ということを覚えさせるのが目的です。

足し算の計算式もあって、少しずつ足し算に慣れさせるトレーニングになります。

足す1の足し算のみの問題です。

上に数字の表があるので、『次の数字は何かな?』と声をかけたらすぐに解けると思います。

この調子で『足す2』~『足す5』まで練習していきます。

少しずつ数が大きくなっていっても、パターンは同じなので

幼児でも無理なく足し算の感覚が身につくようになってますね。

このドリルは全部で62ページ、オールカラーです。

5歳児でも足し算ができちゃうドリル

5歳児は今まで1~10までの数字しか知らなかったのですが、このドリルに取り組んでから

10以上の数字もわかるようになりました。

数字の表を見れば、幼児でも足し算ができるし、子供も楽しそうにドリルをしています。

1つ1つのページの分量も多すぎないので、1日2ページぐらいのペースで取り組んでいます。

やっぱりちゃんとしたドリルをあげると、

子供も毎日、自宅学習をするようになるし買って良かったと思います(^^;

くもん出版 すくすくノート 入学前 かず・たしざん SNB-31

さいごに

今回は5歳児がくもん『かず・たしざん(入学前)』をやってみた内容・感想を書きました。

くもんのすくすくノートシリーズは幼稚園児でも取り組みやすいドリルです。

読み書きの練習は学習の基本なので、しばらくこのドリルを続けようと思います(*^▽^*)

↓Amazonで販売されているのはNEWタイプのようです


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

関連コンテンツ

-子供の学習
-, , , , ,

Copyright© 雑記帳 , 2021 AllRights Reserved.