その他 漫画の感想

ついに黒の組織ボスが発覚。名探偵コナン95巻のネタバレ・感想

更新日:

アニメでも人気の名探偵コナン。

私も昔1巻から集めてたんですが、いつまで経っても終わらず、50巻前後ぐらいで挫折してしまいました。

でも最近、やっとコナン(新一)が戦う黒の組織のボスの正体が分かったと事なので、10年以上ぶりにコナンを買いました。

最新刊の95巻では黒の組織のボスの正体、新一と蘭の恋の行方など、一気に話が動いているようです。

今回は名探偵コナン95巻の軽い内容と感想について書きます。(ネタバレ注意です!)

スポンサードリンク

今までの簡単な復習

私はそんなに詳しくないのですが、95巻を読んだ限り押さえておくべき人物はこちら。

たぶんもっとたくさんいるのですが、(本堂英佑とか水無玲奈とか)書くとかなりごちゃごちゃしてしまうので、省略。

重要な登場人物

コナンや蘭、博士などおなじみのメンバーは省略します。

灰原哀(本名は宮野志保)…コナンの体を小さくした薬・アポトキシンを開発した少女で、黒の組織の元メンバー。(コードネームはシェリー)本当の年齢は18歳だが、組織から逃れるためにアポトキシンを飲んで幼児化して博士の家に居候中。一時的に大人の姿に戻すアポトキシンの解毒剤を作る事に成功。

宮野エレーナ(既に死亡)…灰原哀の母親。夫の厚司と共に黒の組織の科学者。

赤井秀一…FBI捜査官。コナンの正体が新一だと知っている。黒の組織に潜入捜査をしていた。灰原哀の姉の宮野明美と付き合っていた。黒の組織からは『シルバーブレット』として恐れられている。今は大学院生・沖矢昴に変装して新一の家に居候している。

安室透…3つの顔を持つ男。表向きは喫茶『ポアロ』の店員で私立探偵で、毛利小五郎に弟子入り。裏の顔は黒の組織のメンバー『バーボン』。でも本当の姿は公安警察の『降谷零』。赤井とはライバル同士で、ある事件から赤井の事を憎んでいる。

黒の組織のメンバー…ジン、ウオッカ、ベルモット、ボス『あの方』

RUM(ラム)…黒の組織のナンバー2、『あの方』の片腕らしい。左右どちらかが義眼。作中には片目が義眼の人物が3人出ている。①黒田兵衛(警視庁捜査一課管理官)②若狭留美(コナンのクラスの副担任)③脇田兼則(いろは寿司の店員)

95巻の内容

工藤新一が生きてる事が組織にバレちゃった…

コナン(新一)は灰原にアポトキシンの解毒剤をもらって、一時的に新一の姿に戻り、蘭たちと京都に修学旅行に行く。そこで殺人事件が起き、謎を解く新一。

清水寺にて新一は蘭に「昨日、沖田と会ってたらしいじゃねーか。ロンドンで俺が告った事を忘れてんじゃね…』と言いかけた所で、蘭は新一の頬にキスをする。

蘭「これが私の返事。これじゃダメかな?」

新一は(ほっぺじゃだめだろ?)と思いながら蘭の唇にキスをしようとするが、解毒剤の効果が切れてコナンの姿に戻りそうになったので、そのまま服部平次と退散する。

逃げて行く新一を世良真純が追うが見失う。世良真純はコナンと新一が同一人物だという事に薄々勘づき始めている様子。

清水寺の事件を工藤新一が解いたという情報がネット上で話題となって、工藤家にTVの取材陣が押し掛けることになる。

死んだはずの工藤新一が生きてるかもしれない、と怪しむ義眼の3人。(この誰かが黒の組織のメンバー)

そんな中、コナンのクラスの女の子が行方不明になっていて、コナン以外の少年探偵団が捜索に乗り出し、コナンがヒントを出して事件は解決。

蘭は新一にメール。蘭『私達、付き合ってるって事でいいんだよね?』新一『付き合ってるに決まってるだろ?』

工藤新一が生きてるかもしれない騒動は新一の両親と服部平次の機転により、世間的には収まった。ただ、黒の組織ナンバー2のラムからは目をつけられてしまった。

ラムはバーボン(安室透)に『工藤新一の情報を要求する』とメールを送る。

あの方の正体は!

新一のピンチに帰国した優作と有希子。優作は黒の組織のボスは『烏丸蓮耶』だと推理する。

烏丸はもうこの世にいないはずの大富豪。優作曰く、この日本で最も強大な人物らしい。

烏丸蓮耶の名前が出てきたのはコミックス30巻。犯人が館に隠された財宝の隠し場所を知るために、怪盗キッドの名を語り、探偵達が集められたあの事件です。

何十年も前に黄昏(たそがれ)の館の持ち主だったのが烏丸蓮耶で、その昔財宝の隠し場所を考古学者に解かせようとしたが、解けずに学者たちを見せしめに殺していった。烏丸自身も謎の死を遂げたんだそう。

本当のところ、烏丸は死んでいなかったのか?黒の組織には年を取らない人もいるようだから(ベルモットなど)、烏丸も何らかの薬を飲んでいるのか?謎は深まるばかり。

安室透の初恋は宮野エレーナ?!

『黒うさぎ亭』というバニーガールのクラブで事件に巻き込まれたコナンや蘭、安室透。

そこで事件は解決するが、ところどころで昔の記憶を思い出す安室。

安室は子供の頃にケンカで怪我をする度に宮野エレーナと厚司の診療所に通っていた。

そのときの回想シーンにエレーナと厚司が自分達の研究をバックアップしてくれる組織(黒の組織?)に入るかを悩んでいる。また、エレーナはこの時、妊娠3カ月(のちの灰原哀=宮野志保)だった。

バーボンVS赤井修一

工藤家に居候する沖矢昴の正体が赤井修一だと気づいていたバーボン(安室透)は工藤家に潜入。

そこに赤井修一も待ち構えていて、赤井とバーボンはお互いに拳銃で撃ち合うところで、優作と有希子が現れる。

優作「この家の家主です。妻の入れた紅茶でも味わっていってくださいね…」

そこから全く別の事件の話になり(女性警察官連続殺人事件)、95巻は終わりです。

95巻の感想

久しぶりにコナンを買いましたが、面白かったです。やっぱり黒の組織と新一と蘭の恋愛が出てくる話があると面白い!

事件の合間に差し込んでくる、蘭と新一の恋愛模様が甘酢っぱくて、こっちが照れてしまいます(≧▽≦)

もう95巻だもんね~そろそろくっついてもいい頃でしょう!!ただ、これだけ直接に会えてなくて付き合ってる・付き合ってないを話すのはなかなか難しいような(笑)会いたくてもほとんど会えてない二人。

毎回、一番いい所で解毒剤の効果が切れてしまうって言うね(;´∀`)

あと、『あの方』の正体!阿笠博士じゃなかったのね!

ってか烏丸蓮耶って本人がちゃんと出てきたシーンはなくて、人の回想とシルエットのみだから幻みたいな存在なんだよな~でもだからこそ、大物って感じもする。

烏丸蓮耶が今は誰かの姿に変装して(例えば薬で幼児化してるとか)、普通に出ているキャラだったらまたすごいかも。

最近のコナンは変装もありだから、あり得るかも!もしそうだったら誰が一番ショックかなぁ~

幼児化して光彦とかに変装してたら一番驚くかも。まぁそれはないと信じたい。

でも青山先生の事だから、変装してたら伏線を出すと思うんだよな~

今までの巻を見直したいけど…94巻まで読むのはちょっと…(;´Д`)とりあえず黒の組織が絡んできそうな巻をネカフェで読破しようと思います!とりあえず『緋色シリーズ』とかね。

緋色シリーズは84、85巻ぐらいらしい。

後は安室が目立つという噂の映画『コナン~ゼロの執行人~』をチェックしようと思います。

さいごに

今回はコナン95巻についてのネタバレと感想を書きました。

ついに黒の組織のボスの名が明かされてびっくりですね!ナンバー2のRUMは誰なんだろう?

もうここまで来たって事は最終回も近いのかもしれないですね!


ブログ読んでくれてありがとうございます。ブログ村参加中! 1日1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m> にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ にほんブログ村

スポンサードリンク

-その他, 漫画の感想
-, , ,

Copyright© 雑記帳 , 2019 AllRights Reserved.